お気軽にお問合せください

0120-60-9016

電話受付時間:9時~18時(土祝日休み)

お問い合わせ・資料請求

TEL

menu

家を建てるまでの流れ

「家が欲しいな・・・」
「今住んでいる家が古くなったから建て替えようかな・・・」
考えたときから、もう家づくりの物語は始まっています。
夢が形になるまでのスケジュールは・・?
片建設は、こんな流れで進めさせていただきます。

  1. 1まずはご相談

    お客様の住みたい家のイメージやご希望、ご家族のこと、ご予算、建築の時期など、どんなことでもご相談ください。
    土地のご紹介、資金計画のアドバイスもおこないます。
    まずはお気軽にお電話ください。

    お電話でのお問い合わせはこちら

    0120-60-9016

    受付時間 9時~18時(土・日・祝日休み)

  2. 2建設予定の敷地を拝見します

    お話をお聞きして、住みたいと考えている家のイメージができましたら、建築される予定の敷地を見せていただきます。
    方位や道路の幅と位置、ご近所の様子など、これからプランを立てるのに重要な要素となります。

    建設予定の敷地を拝見します建設予定の敷地を拝見します
  3. 3プランの提案

    お客様の家族構成やご希望のお部屋の大きさや数、敷地に合わせた日当たりや通風を考えた間取りを見ていただきます。
    ご希望があればさらに新たな提案をさせていただきます。

    プランの提案
  4. 4本設計、お見積り

    ご納得のいくまで打合せをさせていただき平面プランがご希望に合ったものになったら本設計をさせていただきます。
    (本設計に着手する前にご承諾をいただきます)

    立面図や配置図のほか各詳細図、設備図も揃えその図面を基に詳しく見積もりをさせていただきます。

    本設計、お見積り
  5. 5ご契約

    お打合せの中で、お聞きした「住みたい家」のご希望がきちんと図面に表されているか見ていただきます。
    そして、それに基づいた見積もりが、お客様のご納得のいくものであったときは、佳い日を選んで工事の請負契約を結んでいただきます。

    ご契約
  6. 6工程に沿って詳細の打ち合わせ

    たとえば、建て替えの場合の仮住まいの事とか、
    お引越しのこととか、
    解体のこととか、
    お客様にとっては初めてのことばかりということもあります。
    不安に思われたり、疑問に思われたりすることはどんなことでも遠慮なく聞いてください。

    工程に沿って詳細の打ち合わせ
  7. 7地鎮祭

    さて、いよいよ工事の着工です。
    地鎮祭とは地の神様を鎮めるため、神主さんや場合によってはお寺の住職さんにお払いをしてもらう儀式です。

    地鎮祭
  8. 8着工式

    大切な我が家の工事をしてもらう業者さんが、一体どこのどんな業者さんなのかわからないのは不安ですよね。
    着工式は工事に携わる各業者さんに集まっていただき、お客様と業者さんとの顔合わせ会でもあります。

    着工式
  9. 9上棟式

    上棟式までくると、だんだんと夢のマイホームが形になってきます。
    上棟式は棟木が上がり、建物の形ができたお祝いで、これから無事に家が完成するよう祈る儀式です。

    上棟式
  10. 10工事〜社内検査

    工事は数ヶ月に渡ります。
    その工期を終えるといよいよ完成お引渡になりますが、その前にきちんとした工事がされているか社内検査を行います。
    不具合などがないか、社長自らが一軒一軒社内検査を行います。

    工事〜社内検査
  11. 11お引渡し式

    片建設では大切なお住まいのお引渡を“お引渡式”として、これから末長く大切にお住いいただくためのポイントや、キッチン、お風呂、暖房機器などの使い方など業者さんから直接お客様にご説明させていただいております。

    お引渡し式
  12. 12アフターフォロー無料点検

    お引き渡しから1年後・3年後・5年後に、無料点検にお伺いします。
    大工と管理2名で伺い、片建設が独自のチェックシートに基づき、屋外、躯体、屋内、建具、設備など93項目をプロの目でチェックさせていただきます。

    ※消耗品の交換等、有償の場合もございます。

    アフターフォロー無料点検

お電話でのお問い合わせはこちら

0120-60-9016

受付時間 9時~18時(土・日・祝日休み)

インターネットでのお問い合わせ
・資料請求はこちら

    • 家造りQ&A
    • 土地情報
    • かたけんつれづれ日記
    • これからの『注文住宅のカタチ』R+house上越